夫婦生活改善

夫と築く良い距離感!夫婦共通の趣味にカメラをお勧めする4つの理由

長い夫婦生活の中では、夫婦仲を良く保ちたいと考える方も多いでしょう。そういう中でおすすめなのが、「共通の趣味を持つ」事。「妻と夫」「男と女」ことごとく価値観が合わないような中でも、同じ趣味を1つでも持っていると、それだけで繋がりが保てるものです。

ここでは夫婦で出来る共通の趣味の中でも、特に「取っ掛かりが掴みやすい」カメラの趣味についてご紹介します。

夫婦共通の趣味にカメラをオススメする

ライター:かめさんさん(48歳)

皆さまは夫婦で実践できる趣味を持とうと思ったことはありますか。なかなか夫婦の趣味が合わないと「ずっとこのままで良いのか…」なんて思ってしまう事もあるかと思います。

夫が無趣味?5つのマインドと夫婦で楽しめる趣味21選でイライラを解消!夫婦は長い時を共に過ごします。そういった中で少しでももっと仲良くなりたいもの。特に趣味が共有できればとても嬉しいですね。ここでは夫と趣味...

お互いがまだ恋人気分の新婚夫婦ならともかく、夫婦共通の趣味が全く無いと、

  • 休日になると会話もない
  • 気づいたら夕方

なんてことが多くなりますね。

一方でじゃあ何か急に出来るかというと、それも思いつかず・・・

  • 男女の体力差もある
  • 年齢が上がってくれば健康面でも不安がちらほらと出始めて、なかなか決めきれない。
  • 昔のようにゴルフ……でも今はゴルフするほど裕福ではなく体力もない
  • 釣りは餌が苦手
  • 食べ歩きはダイエットもしたい
  • 旅行は日常的に出来るものではない

なんて問題が山積みでなかなか気持ちが動かないかもしれません。

 

夫婦共通の趣味にカメラをお勧めする4つの理由

そんなご夫婦におすすめしたいのがカメラ!ここでは夫婦共通の趣味にカメラをお勧めする理由を4つ、ご説明します。

1.カメラの趣味は比較的経済的で健康的

写真撮影なら健康的でお金もそんなに必要なく、何よりあちこちお出かけをする事が出来るようになります。普段家に引きこもりがちで、外に出たい!と思っている人におすすめ。

またカメラは高いように思いますが、初期投資さえすれがあとは費用をほとんど掛けることなく続けられています。機材を買うよりもお出かけをたくさんする方向へ進んでいく事が出来ますね。

2.意外な発見があり、夫婦の会話も増える

カメラを趣味に持つと、いろいろと調べて写真撮影を始める事になります。

そういう中で意外な発見があったりするもの。

例えば私の場合ではよく考えてみると、近畿に住んでいながら、京都や奈良の観光地をほとんど訪ねたこともなく、写真を撮りつつ御朱印も頂きつつ巡ってみようとなりました。

SNSを見てみると、寺社やイベントなど素敵なところがたくさんあります。

そうこうするうちに夫婦で「週末はどこへ何を見に行こう?」という会話も自然に交わすようになっていけるのです。

3.夫婦で適度な距離を保てる

カメラを趣味に持つと

  • 行き帰りや昼食など、一緒の時間
  • それ以外はお互い自由時間を過ごせる

という感じで適度な距離感を保てるのが一番の効果だと感じます。

ずっと同じ行動をすると、どうしてもしんどく感じる時間が出来てしまいます。この適度な距離というのはなかなか実生活では掴むことが難しいもので、趣味だからこそ出来るものなんです。

初めは知らないところだらけで、訪ねたい場所が次々と出てきて、どちらかが妥協もしましたが、次第にどこへ行っても楽しめる方法?感覚?が身についてくるんです。

慣れてくれば場所よりもお昼にこのお店のこれが食べたいからここへ行こう!というノリになって来ますよ!

4.趣味にのめり込まず、気軽に楽しめる

カメラが趣味ですと、逆に趣味にのめり込むわけでもなく、お出かけや散策が中心で楽しむむことが出来ます。

また、新しい機材が欲しくなっても、隠し事なく話し合えるというメリットもありますね。カメラの機材は、一つ買えばお互いに使えるものが多いので助かります。経済的な意味でも精神的な意味でもそして健康的にもカメラ散歩はオススメ。

帰ってから、撮った写真を見返すときも、反省会や勝った負けたの話でもう一度盛り上がれるのも写真ならではの楽しみです。電車でのお出かけなら、帰りに飲むビールの美味しさは格別です。昔のように普通に乾杯したり。

 

夫婦で共通の趣味を持ち、良い距離感を保とう!

何かの趣味で出かけて、ランチまで自由行動、という時間が取れるのはなかなか難しいことだと思うんです。そしてスケジュールに縛られることなく気ままに過ごせるのも有り難いです。

  • 相手を放置して&相手に放置されるのは嫌
  • かといってべったりなんて無理!

こういう方って多いと思います。

夫との適度な距離を見つけ出すのって苦労しますよね。カメラ趣味を始めた今ではこの距離感が当たり前になりました。目的地について、12時ごろにここでランチ集合ね!といった感じで心地良さは抜群です。

人それぞれ性格があるので一概には言えませんが、夫と良い感じの距離感を見つけられない方は、最初は安いものでも良いのでとりあえずカメラを2台買ってみることをおすすめします。

SNS全盛の令和の時代なので、続かなくてもカメラが無駄になることはありませんし。

劇的な効果がある方法ではないかもしれませんが、長い目で見ると幸せになれると思うんです。もしうまくいかなかった場合は、一緒に楽しめる他の趣味を見つければいいと思います。