ライフスタイルと夫

濡れたタオルをところ構わず置く夫。生活習慣の違いの悩み

濡れたタオルって放置しておくと匂うようになりますし、扱いが要注意ですよね。片づけない夫が多い中、今日は夫が濡れタオルを放置して困っているという体験談を書いて頂きました。

夫との生活習慣の違いで悩む

結婚して1年数ヶ月、0歳の子供がいるアラサー女性のユーミンです。私達夫婦は結婚する予定はありましたが、私の妊娠をキッカケに授かり婚となり、予定より早く入籍となりました。
どこの夫婦でも、結婚して一緒に生活をすると、生活習慣や価値観の違いというものが出てくるかと思います。私ももちろん、結婚してから、いくつか生活習慣の違いで夫への不満が出てきています。

夫の日常の行動に「なんで?」と疑問に思うことがありますが、それを逐一夫に伝えると、きっと夫は私との結婚生活に息苦しさを感じてしまうだろうなと思い、私は心の中に秘めていました。

細かいことを言えば、たくさん気になる事はあるのですが、中でもどうしても直して欲しいと思うことは、夫に伝えた方が良いのかなと悩むようになりました。

夫が濡れタオルをところ構わず置く

夫婦である以上、一生一緒に生活をしていくわけで、一生我慢していくのか?と思うと、耐えることができないような気がしました。特にどうしても嫌な夫の行動というのが、

濡れたタオルをところ構わず置く

という事です。

夫はお風呂に入った後、体を拭いたタオルを、濡れたまま、いろいろな所に置いてしまいます。しかし私は、そんなことをしたら、タオルが生乾きで嫌なニオイがしてしまうので、とても嫌でした。

生活習慣の違いを夫に指摘できずに悩む

なかなか、指摘できなかった私は、タオルを発見するたびに、仕方なく自分で、洗濯機の近くへ持って行き、乾燥しやすい場所にタオルを移動させていました。

夫に直して欲しい事を伝えるべきか否かで迷っていた頃、夫から、「シンクを使い終わったら、シンクに泡やゴミがないように流しておいて欲しい」と言われました。私は、その時、私自身、全く悪気も違和感もなくその行動をしていたことに気づきました

しかし、感覚の違いで、相手には不快感を与えていることがあるのだとハッとしました。私は、「ごめん、気付いてなかった。今度から気を付けるね」と夫に伝えました。

 

夫との生活習慣の違いに悩んでいる女性へ

夫にこの事を指摘された私は、決して嫌な気持ちにはなりませんでした

むしろ、相手に不快感を与えていて申し訳ないとまで感じました。自分が嫌だと思う生活習慣や価値観の違いはちゃんと言った方がお互いの為になると思いました。

そこで私は、翌日、夫がいつものようにタオルを放置したタイミングで、「ごめん、タオルこんな場所に置かないで欲しい。濡れたままだし、臭くなっちゃうよ」と伝えました。

またそれと同時に、濡れたタオルはここにかけておいて欲しいと、干すスペースを設けました。

そうしたら夫は、

あ、なるほど!そうだね、分かった、そうするね!

と快く承諾してくれました!そして、追加で、「私の行動で嫌な所があれば、また遠慮なく言ってね!逆にまた私も気になる事あれば伝えるね」と言って、一件落着。特に嫌な空気になることはありませんでした。

むしろ、私の気持ちはスッキリとして、より夫に優しく接することができるようになったと思います。そして、私はホッとした気持ちになったと共に、悩まずにもっと早く言えば良かったと感じました。

考えすぎてストレスになり、なんだかとても勿体なかったと思いました。

男性は「○○しないで」と一方的に言われてしまうと、どうしたら良いのか分からなくなってしまいます。

なので、嫌な所を指摘する場合は、具体的にどうして欲しいかを伝えた方がより効果的です!

また、一方的に嫌な事を直して欲しいというのではなく、相手にも自分の嫌な所を指摘してもらい、お互いが相手を尊重し、改善することでギブアンドテイクの関係が築けて、良い関係となると思います。

そのため、今回のように、相手にも同じように要望を言ってと促しておくだけで、男性は窮屈さを感じなくなり、スムーズに自分の要望を受け入れてもらうのは、とても良い方法だと感じました。

 

ライター情報:ユーミンさん

結婚して1年数ヶ月、0歳の子供がいるアラサー女性です。

イラスト情報:photoAC

  • 1616085「まぽ」さん
  • 494241「AKO110」さん