彼との悩みを解決したい

「結婚を焦ると失敗してしまう」は何故?失敗しない結婚論7つ

結婚というのは本当に難しいですね。恋愛と違い、なかなかやり直す事のハードルも高いですし、出来るだけ「成功」させたいものです。

しかし焦れば焦るほど、結婚自体が遠のき失敗するのも事実です。ここではなぜ焦ると結婚が失敗するのか?に焦点を当てて、どうすれば成功するのか?というポイントを探っていきたいと思います。

「結婚を焦ると失敗してしまう」は何故?失敗しない結婚論7つ

結婚を焦ると失敗する理由は男女双方の考え方の中にあります。ここでは男女の心理を追いつつ解決策を見つけていきましょう。

1.ガツガツしすぎると男たちは引く

女性のガツガツしすぎた姿勢に男たちは引きます。

これは本当。

特に男たちは若いうちは特に「責任」を負う事に慣れていません。誰かの人生を背負うという一大事やストレスに耐えられないのです。会社で管理職になるとメンタルを崩す男たちは思った以上に多いのです。男たちは「生理」もありませんから、痛み等への耐性が女性よりも低いと見た方がしっくりきますよ。

またステータスの高い男たちほど、自分の男としての力に、コンプレックスを感じているもの。こういった男たちほど

  • 自分は金に頼らないと女に好かれない
  • 顔が不細工でどうしようもない
  • 俺は男の魅力がない

と思った以上に深刻に捉えています。

女たちががガツガツくると自分よりお金や安定した生活が重要なのかなと、普通に思っています。男たちに不信感が湧くので、結婚が上手くいきません。結婚に焦らず、こういった男たちの真のコンプレックスを癒してやる事こそが、結婚が成功するための早道なんですよ。

例えばブサイクな男であれば、

「あなたの顔が好きよ」

なんて言ってやればイチコロですね。まじで。

2.出会いを探し過ぎている

結婚を焦るあまり、出会いを探し過ぎている方。

もしかするとあなたは結婚したいがあまりに色々な出会いを求めて過ぎてしまっているのかもしれません。合コンなど婚活などで色々出会いを見つける。でもそこには自分と同じでまともに恋愛もしてないがためにお互いうまく付き合っていけないというパターンです。

このような場合は一度出会いを抑え、「自分を見つめなおす事」が必要です。

  • 「過去の恋愛は何が悪かったか」
  • 「どうして結婚に繋がらないか」

このように振り返りをする事が大切です。焦り過ぎると、過去の失敗が生かせません。

3.相性を見極めきれない

結婚というのは恋愛とはやや違う側面があります。恋愛というのは一時の燃え上がりでも成立しますが、結婚については

相性

これが重要な要因となってきます。特に恋愛期を過ぎ、気持ちがだんだん落ち着いてきた段階での相性確認がとても重要です。

好きだと思っていても、いざ一緒に暮らすと欠点がみえてきたり、合わないところもあるかもしれないので、ある程度時間をかけて相手の男性のことをよく知ってから結婚する方が、結婚した後にうまくいくのは圧倒的な事実です。逆に結婚がゴールになってしまうと、結婚した瞬間に気持ちが切れてしまうもの。

ずっと長く連れ添うとなると、人間性や価値観の一致等が大切になってくるのです。これが出来ない場合、最悪「離婚」の選択肢が出てくるわけで、悩んでいる奥様方はとても多いのです。

夫と価値観が違いすぎて離婚したい。離婚前に知っておきたい5つのこと。夫婦と言えど人間ですから、その価値観には大なり小なり違いがあるのは確かです。ここでは 夫とあまりにも価値観が違いすぎてヤバい...

焦って視野が狭まってしまう方への対策として、いろいろな男性に会ってみるのは大事なこと。選択肢を増やし、男性のデータをしっかり収集しておくことで失敗を防ぐ事が出来ます。「今の彼は○○だから、前彼よりこんな点が結婚に向いてるよね」など冷静に自分たちの関係を見つめる事が出来るのですね。

また、出会った男性と正式なお付き合いではなく、お試し期間をしっかり設けてその人を探る時間も大事。

結婚を焦ると、必ずと言っていいほど相手の何かしらに妥協をしてしまい、不満があるまま結婚してしまう傾向にあります。新婚当初は結婚できた嬉しさや、妥協点を見過ごせるだけの気持ちがあるかもしれませんが、夫婦生活が長くなるにつれて、じわじわ積み重なった不満やイライラが爆発してしまい、喧嘩や言い争いになり結果的に離婚をしてしまうケースは実に多いのです。

結婚を焦るあまり、自分の中でなにかしっくり来なくても「でもとても良い人だし信頼できる」と妥協してしまう事はお勧めできません。

例えば過去に傷ついた経験などから自分の理想よりもその人の優しさや落ち着きで、この人がいいと思い込んだりある種の損得感情で決めてしまったりする事を避けるように、自身の直感「合うな!」というものも信用するべきでしょう。

4.気持ちが強くなりすぎる

結婚したいという思いが強くなると、周りが見えなくなることが多く、それが失敗を招く原因になります。例えば周りが見えなくなると

  • ほかにも素敵な男性がいるかもしれないのに、それに気づかない
  • 自分の焦りが男たちへのプレッシャーになってしまう
  • 男たちの気持ちより、自分がどうしたいかということを優先しがち

良かれと思ってやったことが(それが相手のためであっても)やり過ぎると重荷になって破局してしまうことは良くある事。また、男たちの中には、結婚して責任を求められるのはイヤという人間が大勢います。

いずれにせよ、焦った女性の気持ちが強すぎて、相手の気持ちを思いやれないと失敗してしまう原因であるのは事実としてあります。気持ちを押し付けすぎない事。相手を思いやる事。これを第一に考えてみましょう。

5.本性を見抜けない

結婚を焦ってしまうと

彼の許しがたい本性

というものを見抜けない場合がありますね。絶対とは言い切れませんが、その人の本当の顔を知らないままでは結婚は失敗します。

  • 浮気ばかりで付き合っている頃は気づけなかった
  • ギャンブル狂いで家計がやばい

など泣くに泣けない奥様は数知れず。

「う~ん??」と女の直感が働いたならば付き合っている時にもっと沢山喧嘩をしたり一緒に住んでみたり、その人のことをもっと知る努力をする事。これが後悔をしないための秘訣ですね。

6.幸せは2倍が当然。重要なのは辛さを分かち合えるか

結婚を焦ってしまうと、どうしても相手の「ステータス」などに目が行きがちです。もちろん生活していく上で経済力などは必要ですが、もっとも大事なことは「結婚は幸せなことばかりではない」という事を認識する事。

結婚して本当に大切なのは「幸せが2倍」ではなく「辛さを分かち合えるか」という事なのです。それを一緒に乗り越えられる人とじゃないと、結婚生活は長く続きません。焦ってしまってその部分をおろそかにすると、必ず結婚は失敗に終わります。

彼が上辺だけでは無く本当の優しさを持っているか。

旦那が本当に優しく、この人と結婚して良かったな、と思える日が来るか。

こういった事を想像してみて下さい。 誰でもいいとか、お金持ちだから完璧だ、などの理由で結婚してしまうと、理想の家族像や生活する上で大事にしたい価値観が合わなかったりして失敗してしまうのです。

口先だけ優しい夫の改善策5つ!これであなたの夫は動き出すよ!耳障りの良い言葉を発しては妻を期待させ、そして実行には移さないので結果として妻は失望する。 こういう「口だけの夫」いますよね。 ...

7.「妥協」は正しく使う

「妥協」という言葉があります。自分の中で許せるラインを低くする事ですね。

もちろん年収や容姿などに妥協はせざるを得ない場面はあるでしょう。結婚を焦るイコール妥協するということが少なからずあるものです。若い頃は自分の理想にまっしぐらでも、年を重ねるにつれ市場価値が段々と薄れていくのを世の女性は感じているかと。

市場価値がゼロになる前に手を打ちたくて焦ってしまい、あまりタイプではない男性と付き合い、やっぱり腑に落ちず別れる。それを繰り返していくうちに時間がけが過ぎ去っていく現実と向き合うことになり益々焦るというループから抜け出せない女性が多々いらっしゃるかもしれません。

「誰でも良いから」は必ず失敗する

失敗しない結婚を求める場合、結婚相手に求める条件として需要なことは、

どうしても譲れないことは妥協せずに持っておいたほうが良い

でしょう。

この場合の「妥協」これは物質的な条件(経済力など)ではなく、精神的な条件については特にそうです。年収などは100万違った所で大した影響はありません。稼ぐ手段などいくらでもあります。100万ごときで生活スタイルが大きく変わる事もありません。

しかし性格などは違うのです。

もう性格が合わないと夢の結婚生活が一気に地獄に陥りますよ。モラハラで苦しんでいる奥様方を見ると本当に、何とかして悩みの解決策を考えたくなります。

4つの分類別に見るモラハラ夫の体験談29選!クソ夫はどのパターン!?気付かぬうちに夫にモラハラ行為を受けている‥‥というのはよくある事です。自分がモラハラだとは思っておらず、我慢だけしている…というような...

また、結婚を最終目標にするのではなく、幸せに暮らすことを最終目標にしましょう。そうする事で結婚しなくても幸せだしいっか!と思えるようになりますし、良くも悪くもたくさんの物に溢れているこの時代に生まれたのですから、一人だからといって寂しい時間を過ごすこともありません。

このような余裕が、良い男を呼び込む呼び水になるのも事実です。焦ると良い事はありません。じっくりと作戦を練り、自分を高め、焦らずにチャンスを伺う事が大切です。