ライフスタイルと夫

夫の私物を捨てたい妻が理解すべき4つの項目【勝手に捨てると怒る夫の心理】

皆さんのお宅では、家族それぞれの私物を上手に管理できていますか?

家族それぞれの私物はそれぞれの部屋に片付けるように決めていたいものですが、現実にはなかなか理想通りにはいかないものです。

私物を捨てない夫の3つの特徴とは

1.コレクター欲が強い

夫(男)というのは、本能的に「コレクター欲」がある人が多いですね。一般的なオタクなどがこれに該当します。

コレクター欲自体は良い悪いではなく、「別に役に立たなくても収集して満足!持っていて満足!」という気持ちの問題。

妻からすれば「何の役に立つの・・・」と思うかもしれませんが、実用性の問題ではないんです。

趣味アイテムが部屋に存在している

これが夫にとって最重要の事柄なんです。

2.コレクター欲に「周期」がある

さて、どんなにコレクター欲の強い人間でも「ずーっと同じアイテムに執着する」というのは稀です。だいたいの場合において熱意は周期的に増減し、最終的には熱意が無くなるのが一般的です。

ただし埃を被っているようなものでも、いつの間にか熱意が回復していることがあります。ですからそういった「眠っている」アイテムであっても勝手に捨てては起こられてしまうんですね。

ですのでこういった夫は物を捨てることに対して非常に抵抗を感じており、使うあてのない物まで自分の部屋に置きっぱなしにしています。

  • 出張の途中で買った本
  • 昔買ったレコードやCD撮りだめしたビデオテープ、DVD、ブルーレイディスク
  • もう読み返すこともない古い郵便物
  • 古いレシートやクーポン券もう使わなくなったパソコン
  • ここ数年使ったのを見たことがないVHSのビデオデッキ

ここに挙げた物はごく一部で、夫の部屋の見えるところだけでなく、部屋のクローゼットの中にも、ぎっしりと私物を詰め込みます。冬眠前のリスのように(そんな可愛いものではありませんが)せっせと自分の巣に好きなアイテムを貯めこむわけです。

3.勝手に部屋を整理しようとするとキレる

さて、こういうコレクター欲を持つ夫というのは、勝手に部屋を整理するとキレます。妻が良かれと思ってしたことが、逆に夫の機嫌を損ねてしまうんです。

男性はこのような時、「自らの巣を荒らされた」と感じます。理屈ではなく本能です。妻を「自分の大切なコレクションを荒らした外敵」と見なすわけです。

「無駄な物に見えるかもしれないけど、部屋の中の物は僕にとっては全部大切な物だ、物が増えて来たからという理由だけで捨てるなんてもっての他!!」

とにかく、物に対する思い入れがとても強いんです。実用性を求める女性には理解できない心理かもしれませんが、この思い入れは相当に大きいものだと理解しましょう。

 

 

夫の私物を捨てたい妻が理解すべき4つの項目

1.夫のアイテムを勝手に捨ててはいけない

さて、夫の部屋が私物で溢れかえっていてイライラを貯めこんでいる奥様方には以下のリンクを一読されることをお勧めします。

夫のコレクター欲というのは尋常ではありません。再度申し上げると、女性には全く理解できない事でしょうが、男性にとっては非常に重要な事なんです。

これが勝手に失われると‥‥夫は「抜け殻」になります。全てにやる気を失い、人生の目的さえ失う事になりかねません。生を放棄しかねない程に大変な事になります。妻への信頼というものも一気に0になります。

下手すると離婚一直線。女性にとっての「浮気」と同等くらいの扱いと思えば分かって頂けるかと。

冗談ではなく本当なんです。

 

2.勝手に夫の私物を廃棄する事は法律上も問題がある

勝手に夫のコレクションを廃棄する事は、法律上も問題があります。

妻が夫のコレクション(明らかなゴミを除く)を廃棄する事は刑法上では「器物損壊罪」に該当する可能性があります。これは夫婦共有の財産とは見なされないのが一般的。夫自身の持ち物であるという判定がなされる可能性が高いのです。

他人の物を損壊し、又は傷害した者は、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金若しくは科料に処する。(自己の物の損壊等)

刑法261条

ですので間違っても勝手に廃棄するような手段を取るのはやめましょう。圧倒的に妻が不利になります。

3.捨てるならば確実に夫の了解を得る事

夫も鬼ではありません。

自身の「コレクションに対する熱意」が復活しそうにない段階になれば、廃棄する事に前向きになります。男性心理として、その気になるまでにはなかなか動き出さない、というものがあるからです。

ですから、気長に待つことも大切です。

夫が自発的に服を片づけるようになる方法5選!【脱いだ服を片付けない夫】服を片づけない夫問題。片づけない夫で悩んでいる女性は非常に多いですね。缶やペットボトル、服など片づけない夫は非常に多彩です。 ポイ...

また夫婦でルールを作る事も良いでしょう。例えば夫には次のようなことを約束してもらうようにするんです。

  1. 自分の部屋の掃除や整理整頓は自分で責任を持ってする
  2. 将来、夫の部屋が私物で一杯になって不便をきたすようになったとしても、私は責任を負わないし、片付けの手伝いもしない

 

4.夫の部屋は彼に任せる

ルールを設定してもうまく掃除できない際には、夫の部屋に入らないようにすることも、立派な選択肢の一つです。

指示待ち夫に疲れる…夫に自主性を持たせるたった1つの方法指示待ちの人って嫌ですよね。何かにつけてこちらから言わないと動きませんし、自主性の一つも感じられないとイライラします。全て自分がやらなく...

結局のところ、私物を増やさないようにするためには、

  • 無駄な買い物を減らす
  • もういらないかなと思う物はその場で処分する
  • 家族1人1人が徹底する

他はないのかも知れません。

今は何とかなっている夫の部屋も、いつかは、部屋を整理して物を減らさないと、新しい私物が置けないばかりか、ゆっくり座るスペースさえなくなってくることでしょう。

そのようになれば、さすがの夫も多少は心を入れ替えるかもしれません。今は、その時を気長に待つことにしてみてはいかがでしょうか。

「夫に任せる」夫の自主性を持たせるには、これも大切な考え方の一つです。