ライフスタイルと夫

【DV/怖い】物に当たる夫【やめさせたい】

男性は力が強いだけに、女性にとってはその「悪意」「暴力」「怒り」などが怖いですね。とくに「物に当たる」という行為は感情的で怖いですし、物も壊れますから良い事がありません。また「物に当たる」から最悪「者(人)に当たる」行為に発展しかねないという怖さもあります。

直接人体に被害が出ていないからといっても「物に当たる」という行為で受ける精神的苦痛は計り知れないものです。これは立派なDVであり、場合によっては第三者や機関に相談することが必要です。

<精神的に影響を与えるDV>

心無い言動等により、相手の心を傷つけるもの。精神的な暴力については、その結果、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に至るなど、刑法上の傷害とみなされるほどの精神障害に至れば、刑法上の傷害罪として処罰されることもあります。

内閣府男女共同参画局HPより引用

物に当たる夫が怖い

ライター:イオリさん(21歳)

結婚2年目、0歳9ヶ月の子供1人のお母さんをしています。経理事務の仕事をしていましたが、現在は育休中です。

私は、ずっと母子家庭で、母と妹と私の女3人で生活してきました。再婚もしたことはありましたが、再婚した父は怒ると態度に表れるタイプで、男性からの悪意や敵意、怒りに免疫がない私や妹がギブアップとなり結局離婚に至りました。

そして、そんな男性に免疫のない私も結婚したわけですが、夫は仕事のストレスもあり最近は怒りっぽく、今まででは怒らなかった様な些細なことで怒るようになりました。

ここで私が悩んでいるのが、夫が怒った時に出る物に当たる、という行為です。この前は、トイレのサニタリーボックスを蹴飛ばし、粉砕されてしまいました。

先程もお話しした通り、私は男性からの敵意、悪意、怒りなどに免疫がありません。ですので、男性から怒りをぶつけられると怖くて萎縮してしまいます。

夫に物に当たって威圧されると、どうしようもなく悲しくなり、

  • いつか手が出るんではないか
  • いつか子供に危害が加わるんじゃないか
  • 子供も同じ様に物に当たる子に育ってしまうんではないか

と不安でたまらなくなります。夫という男性と過ごし、初めて「物に当たる」ということがどれだけ精神的ダメージを与えるものかを知りました。

また物に当たられた日、夫のことは好きなはずなのに、私は

  • 「なぜこの人と結婚したんだろう?」

と涙が出ました。

  • 「私の何がダメだったんだろう。」
  • 「どこで何を間違えたんだろう。」

そんな風に考えれば考えるほど、涙が止まらなくなり、号泣してしまったのです。そこで、夫が私の異変に気付きました。

 

異変に気付いた夫が穏やかになった

夫から

「しんどいか?」

と聞かれました。

おそらく、俺といるのがしんどいのか?という意味だと思います。ここでしんどいと言えば、一旦別居しようと切り出されると思ったので、私は首を横に振り

「男性からの怒り、威圧が怖い。あなたの物に当たるという行為が怖くて怖くてたまらない。なぜ怒ってるのかも、怒るポイントも分からないからどうしたらいいのかも分からない。」

と正直に伝えました。

すると、

「物に当たる行為が嫌いなことも理解していて、いつも寝る前に反省はしていたが行動に移せていなかった。自分の選んだ女を泣かせたくはないし、子供に悪影響なのも理解しているから、今後は本当に気をつける。ごめん。」

と謝罪の言葉をもらいました。今回の件で懲りてくれたかどうか分かりませんが、とりあえず様子をみようと思います。また同じことを繰り返す様なら、私は実家に帰る決意をするでしょう。

穏やかになった夫

夫はそれから穏やかになりました。怒って物に当たることはなくなり、怒る前にこうしてほしい、これは嫌だとハッキリ説明してくれるようになりました。

夫は怒るともういい!と何も言ってくれないタイプの人なので、おそらく今は一度冷静になって怒りの理由を説明してくれているんだと思います。

なぜ怒っているのかを説明してくれると、対応ができるようになるので以前よりお互いストレスが減ったように思います。これが続くことを願います。

男性は言わないと分からない生き物です。そして、妻が嫌だと思っていることでも、まかり通ってしまうと「それでいいんだ、これは許される行為なんだ。」と無意識に思ってしまうらしいです。

まずは口に出して「私はこれだけ嫌なんだ!」という本気度を伝えることで、相手に響かせるのが1番有効だと私は思います。