ライフスタイルと夫

家事を「やっているつもり」の夫。分担戦争を終戦へ導く3つの方法

夫が家事をしてくれないというのは妻にとっては大きな悩みです。

  • フルタイムで働いているのに、夫が家事を分担してくれない
  • 夜や休日に自分が一人で家事をこなしている中で夫がソファーで寝転がっていることは正直怒りを覚える
  • とにかく毎日仕事と慣れない家事をこなすことがシンプルに大変(>_<)
  • いつも疲れてる・・・。

妻がこういった苦労を抱えているのに夫は…

家事を「やっているつもり」の夫の残念な特徴3つ

特に家事を「やっていない」or「ほとんどやっていない」のに「やっているつもり」という夫については、本人に悪気が無いために非常に取り扱いが難しいですね。

1.夫は「気づかない」!圧倒的視野の狭さ

ダイニングテーブルの下が食べこぼしで汚れていたり、床がほこりだらけの場合・・・言わなくても掃除機をかけたり、ホウキでササッと掃いてくれたり、ということを望んでいませんか?

夕食後、妻が一人で食器を片してテーブルをふいているときに、一人ソファーで食休みする姿をみると、「なぜそばで人が働いているのに、この人はなにも思わないんだろう?」と静かな怒りを感じている方もいるでしょう。

しかし夫はそんな妻の様子にも気づきません。

そうやって妻の中で怒りが少しずつ溜まっていき。。。そして、ある日ついに妻が爆発します。しかし夫の反応はというと、、、

だって僕は言ってくれなきゃわからないんだ!

こんな事を体験されてはいませんか?

そう。

「夫という生き物」は女性よりも「視野」が狭いと言われています。察する能力というものが低いのですね。これによってイライラする主婦が圧倒的に増えているのです。

2.妻の行動が凄すぎるので、割って入れない

家事に積極的になれない夫の中には

妻がババっと家事をやってしまい、しかも上手いので割って入れない

という人がいるのです。

特にこれは家事をルール化して効率よくやってしまわれる優秀な妻を持つ夫に多い現象。夫は妻が妻のルールで家事をすすめているので、そこに自分が割って入ることを遠慮しているのです。

要するに、分が何をすればいいのかが本当にわからないし、なんとか妻のやり方に合わせようともしてくれていた結果、「俺にはムリだわ…」と自信喪失してしまった結果の人もいるのですね。「俺は邪魔だから離れていよう…」となる。

ある意味でそれは夫の思いやりと取る事も出来ます。

3.妻の苦労を全く知らない

家事とは掃除や炊事だけではありません。

料理一つをとっても

  • 日々の食生活を考えながら適切な献立を考え
  • タイミングを見て買い物に行き
  • 冷蔵庫の中身のバランスを考えながら買い物をして
  • 賞味期限も気にして…

と料理に辿り着く前にすら非常に多くの負荷がかかっています。

たった一日料理をやるくらいでは、「家事をやった」には入らないのです。夫はこういった日々の妻の大変さを知りません。だから一日料理しただけで「俺料理したよ!」と鼻高々なるんですね。

家事を「やっているつもり」の夫。分担戦争を終戦へ導く3つの方法

ここでは上記のような取り扱いの難しい夫に対して、家事を「やっているつもり」の夫ととの家事の”分担戦争”を終戦へ導く方法を記載しています。

1.まずは現状を認める事

家事をやったつもりの夫に対してイライラする方、というのは「夫に対する理想」が高すぎるのかもしれません。確かに自分の負担も大きくなりお辛いでしょう。そういった時はまずやるべきは「自分の心を守る」という事。

常にイライラしてしまっていては、せっかくの人生が辛いモノになってしまいます。

こういった際には、いったん現状を受け入れる事が心の平穏を保つ事の秘訣になります。「夫は家事が出来ない。いや、これはしょうがないんだ」このように受け入れてみましょう。そうする事で「期待」が減退し、心に平穏が訪れます。

現状のままでは夫は何も進歩しないのです。だとすればイライラするだけ、ムダになってしまいます。イライラしてもしなくても夫は進歩しないのですから。

そうして現状を受け入れてイライラを抑えたのちに次の行動に移るのです。イライラしない妻の言葉の方が、「論理好きな夫」も受け入れやすいのです。

2.夫の仕事を作る

指示待ち的に「自ら動けない夫」に対しては、夫の仕事を具体的に作るのは有効な方法です。妻の要求がわからないなら、その都度、自分のしてほしいことをちゃんと伝えればいいのです。

例えば食後・・・妻が食器を下げたり等食卓の片づけをはじめたとします。そのとき内心私は夫も一緒に片付けてほしいし、もっと言えば「僕が洗うよ」と、手伝ってくれることを望んでいるでしょう。

しかし夫は妻が黙ってやっていたら

  • 俺がやらなくてもいいや(おいおい…)
  • 自分が手をだすのが邪魔かな?と遠慮してしまう

など弊害はたくさん。

ですから妻は「私がコンロの掃除をする間、食器を洗ってほしい。」と具体的に伝えるようにすることから始めてみましょう。

ちなみに、あなたの理想は「夫が何も言わずとも勝手に家事をやってくれる」という状態でしょう。お気持ちは良く分かります。こういった「自主性」のある夫ってすごく理想的ですよね。

しかしそういった理想の夫を育てる事は簡単ではありません。が、出来るんです。自主性のある夫、指示待ちではない夫とはどのように育てるかをまとめた記事はコチラです。

指示待ち夫に疲れる…夫に自主性を持たせるたった1つの方法指示待ちの人って嫌ですよね。何かにつけてこちらから言わないと動きませんし、自主性の一つも感じられないとイライラします。全て自分がやらなく...

3.男性は名もなき家事を見つけるのが苦手

こういった夫はいわゆる「名もなき家事」を見つけて、それを片付けるのは苦手。ただ役割をきちんと与えれば、そこは責任もってやってくれるのも特徴のひとつです。

ですのでここは一つ「共有」という事を心がけてみましょう。共有とは「夫婦で状況をシェアする」という事。つまり妻の状況を知ってもらう所から始めなくてはいけません。kろえを通り越して

なんで分かってくれないの!

とキレても事態は進展はしません。キレたくなる気持ちはわかりますが笑

たとえば「家事の名は」という無料アプリがあります(App Storeで無料DLが出来ます)。このアプリはいわゆる「名もなき家事」をリストアップし、夫とシェアをする事が出来ます。

「家事の名は」を「App Store」で無料DL

アプリに限らずですが、こういったものを利用し、まずは

あなたの知らない家事がこんなにたくさんあるんだよ!

という事を夫に知ってもらう事から始めてみてはいかがでしたでしょうか。「名もなき家事」を夫に知ってもらうための方法をまとめた記事はこちら。

妻が負担を感じる【名もなき家事】夫に分かって貰う4つの方法家事の大変な点というのは多くありますが、その中でも近年話題になっているのが「名もなき家事」にかかる負担。 単に「ゴミ出し」一つ取っ...

いかがでしたでしょうか。

こういった手順を踏んでいけば妻もイライラすることは少なくなるでしょうし、夫も「自分の仕事」が出来ることは嬉しいと感じる人も出てくるでしょう。また、夫からしたら妻の様子を窺ったり遠慮する必要も無くなりますから、一石二鳥(*^-^*)

お互いがハッピーに過ごせるようになるんです!

共働きでも、夫が家事を分担してくれないことで悩んでいる家庭は多いと思います。だけど、夫からしたら手伝いたくても何をしていいか分からないかもしれません。そんなときは、ちゃんと自分が望んでいることを相手に伝えましょう

また、夫をその気にさせるにはやっぱり「褒める」につきますよ(笑)

夫の家事の要領が悪く怒りたくなるときもあるかもしれませんが、そこで怒っては相手のやる気をなくすだけです。

あまりに怒られすぎると、夫も家事をやりたくなくなってしまいますよね。そうなれば自分がより大変になるだけです。

察してほしいと思う気持ちもわかりますし察するのも思いやりですが、ちゃんと伝えることも相手にとって思いやりです。自分の気持ちをちゃんと伝えて、お互い幸せに過ごせるようになるといいですね(^^)/

専業主婦のワンオペって当たり前?そんなハズが無い5つの理由!専業主婦ってワンオペで当たり前なの? という意見で悩んでいる妻が多くいます。 「少しで良いから休みたい」 「夫...