育児と夫

【さっさと動け!】出かける準備が遅い夫にイライラ!

保守的な男性は、しばしば「出かける」のが億劫になりがち。なかなか動き出さないし、妻や子どもは準備が出来ているので余計にイライラ!

ここではそんな「出かける準備が遅い夫」の特性について調べてみましょう。

出かける準備が遅い夫にイラッ!

ライター:キューピーさん

2歳と4歳の二人の育児をしています。34歳、専業主婦のキューピーといいます。

元々夫は育児にあまり協力的でなく、子どもとのかかわりも苦手だったために自分から進んで子どものお世話をすることはありませんでした。

もちろんお願いをすればしてくれることもたくさんあるし、子どもが少し成長して言葉も分かるようになってからは公園に連れて行ってくれたり、買い物中に面倒を見たりはしてくれるようにはなりましたが(#^^#)

出かけるはずが…ソファーに寝転がっている夫

しかし、そんな中でも夫への不満がありました。

それは家族で外出をする時にいつも夫のタイミングで出掛けなければならないことで、それに対して私も娘たちも嫌な思いをしてきました。

子どもって休日でも平日と同じように早起きをします。それからいつものごとく「ママ~お腹すいた~」と言うので、眠い目をこすりながら私もご飯を用意しました。そしてそこから休日だしということで着替えることもなくダラダラと過ごしていました。

そこに「今日は少し遠出をして買い物に行こう!」と張り切って起きてきた夫!

元々家にいるより外でパーーーーッとしたいした性格のキューピーなので夫の提案には大賛成(=^・^=)急いで家の片付けをして、掃除機なんて張り切ったりして!化粧にも気合が入ります。

そうしているうちに時間はみるみる間に過ぎていきます。

しかし、横を見てみるとソファーで寝転がってテレビを見ている夫

( 一一)あれ?出掛けるって、、遠出するって言ったよね?

なんて思いながらも服を着替えて準備万端!しかし夫は全く動こうとしません。

しびれを切らして「出かけるんだよね?」と聞くと、「ちょっと待って、今いいところだから」とテレビに夢中。

そして夫は昼食を食べ始める

そのうちにお昼ご飯の時間になってきました。

そこで出た夫の言葉は

「俺、朝から何にも食べてない~お腹すいたしもうお昼ご飯と一緒でいいから食べていこう!」

でした(+_+)

出掛けるって言ったから何にも用意してないのに…しぶしぶご飯を用意して食べ終えると今度は「早く準備してね!もう俺が着替えたら出掛けるよ!」と言われました。

子どもも納得しない夫のペース

そうして急いで子どもたちを着替えさせると今度は子どもたちに「出掛けるからお片付けして」と言っていました。

しかし子どもたちも出掛けると聞いた時には喜び、テンションも上がっていたけれど、急に片付けを進められても納得できないようで、夫の言葉に耳も傾けず遊び続けていました。

そんな子どもたちに「片付けないと置いて行くよ」なんて言うものだから子どもたちも泣くこともあれば渋々片付ける、、ということもありました。

そんなことが度々あり、自分のペースでみんなを動かしているんだなと思って夫に対して本当に嫌な気持ちというか、イライラするというか…そんな気分でした。

子どもたちもなんだか可哀そうで。。それに子どもたちの準備だって全部私がいしないといけないし…外出自体は楽しいけれど、それまでの過程が無理!!!とずっと思っていました。

 

出かける準備が遅い夫への対策は

どうにかならないかと思い作戦を考えることにしました。私の考えて実行した作戦はこれです。

まず夫の話に乗らないこと!出掛けると聞いても先に昼の準備をある程度しておくこと。そうすることでお昼食べていこう!となってもそのまま食べられるし、万が一外出したとしても夜ご飯に回せるし(#^^#)

そして夫が着替えるまでは自分も着替えないこと。

その間にできる簡単な家事を負担にならない程度にしておきます。時には友達にlineの返事をしたり、子どもたちと遊んだりして自分の自由な時間にもします。

そして夫とは「〇〇時に家を出るようにしよう。私はその間に荷物を準備しておくからあなたには子どもたちの着替えだけはしてほしい」

ということを伝えます。

そうすることで夫も先の見通しをもって行動できます。

子どもたちにも「〇〇時になったら出掛けるから、また伝えるからその時間になったら一緒にお片付けしようね」伝えることでスムーズに出掛けることができます。

実際に試してみるとどうだったかというともちろん時間の多少の誤差もあるし、夫が上手く子どもたちの服を着せられなくて手伝ったり等もありましたが、ストレスなく出掛けることができるようになりました。

夫との外出までにストレスを感じておられる主婦の方、事前の必ずしてほしいことを1つや2つ程度伝えて、必ず時間の約束をしておくといいかもしれません。

あとは、夫が動かなければ自分も化粧だけしておいて動かない!なんてことがあってもよさそうです(#^^#)

 

出かける準備が遅い夫の心理

ここからは男性視点で「ねこまる夫」が出かける準備が遅い夫の心理について説明します。

男性の準備は10分

正直言って、男性自身の出かける準備は10分もかかりません。女性と違って化粧もないですし、服もまぁパッパッと着る事が出来ますし。

「いつでも出かける準備が出来る」

と男性自身も感じています。

「いつでも出来る」事って、かえって後回しになったりしませんか。夫の男性心理はそれと近いものがあります。

夫は妻や子供がいつ準備が終わるのか分からない

特に家庭において、奥さんは視野が広いですね。

あらゆることを把握しています。

  1. 自分が着替えて
  2. 子どもも着替えさせて
  3. 簡単に片づけて
  4. 食事の準備して

という「出かけるまでのフロー」が頭の中に自然と組みあがります。そして「この順序でこんな風に進めればOK!」というのが出来てしまうんですね。

ところが単純脳の夫にはこれが出来ません。

家庭の事も把握できていないため、出かけるまでに奥さんや子どもが

「どんな準備が何種類あって、それぞれどんな順序でやって、何分かかるのか」

というのがサッパリ分からないんです。

なので

「俺の出番(着替え10分)はいつや……わかんないけど、まぁまだ準備しなくていっか

とノンビリ待ってしまうのです。

だから動かない。

動かない夫を動かすためには

私がこれして、次に子どもがあれして、それからどうして、こうして……

とあれこれ夫に詰め込んでも、夫の脳はこれを処理しきれません。特にシングルタスク型の脳を持っている男は、更に情報を処理しきれません。

要領が悪い!夫がシングルタスク過ぎて困る事への対策!一般的には女性脳の方が男性脳よりも効率が良く、色々な作業を並行して行う事が出来ます。これは家事でも同じで、同時並行を出来る多くの女性は、...

こういう複雑な指示を単純夫に出してはいけません。頭から煙を噴いて故障すること間違いなし。ここでは、出かける準備をしない夫に対して伝えるべきことは一つだけ。

最後の結果。すなわち

「何時に出かけるから、準備よろしく」

これだけ。

キューピーさんもこの結論にたどり着いているようですが、とにかく男性は「途中の細かいことまで把握できない」特性だと理解しましょう。

最後の結論

「何時までに出かけるから、準備してね」

とだけ伝えておけばOKなんです。

そうすれば夫は放っておいてもその時間までには準備しますよ!

ベターなのは子どもの準備や面倒まで見てくれて、時間通りに準備も完了する旦那さんですが、そもそもそんな完璧夫を持つ奥さんはこのサイトに来てないね!