MENU
ライフスタイルと夫

【やる気あるの?】家族旅行に行きたくない夫を動かす方法4選!

男性の中には、面倒くさがりがたたって、休日にも出かけるのを嫌がったりグダグダしているのが大好きな人もいます。そういう人たちにやる気を出させるのは一苦労ですね!今回は家族旅行の計画を立てたがらない夫について寄稿頂きました。

休暇には旅行に行きたい

アラフォー主婦で、結婚して15年を迎えます山田いちずです。子どもは小学生高学年と低学年の女児二人です。夫は会社員で、残業や早朝出勤が多く大変そうです。私は基本的には専業主婦なのですが、PCを使って在宅で仕事をしています。

夫の仕事は忙しく休日出勤も度々していますが、会社側としてはその分は振替で休日をとるように促してくれているようです。ですが、休みをとればその分仕事が溜まるだけなので、夫は出来るだけ休みたくないようです。

私は夫と子ども達が触れ合う時間が日常的に少ないことと、家事から解放され羽を伸ばしたい気持ちで、夏休みや春休みにはできれば家族旅行に行きたいと思っています。

旅行をするには予算もあるし、ぎりぎりになると飛行機は値段があがり、新幹線は予約がとれなくなるので、できるだけ早くに行き先くらいは決めたいと思うのですが、夫はとにかくつれない返事ばかりです。

  • 「家族旅行に行きたいけど、この日程は大丈夫?」
  • 「まだ分からない」
  • 「代休、たまってるよね?」
  • 「まあな」
  • 「ここなら土日と絡めて休み取りやすいと思うんだけど」
  • 「はっきり分からん」
  • 「行きたいところある?」
  • 「別に…」

こんな会話の繰り返しです。旅行は予定を立てる段階から楽しみたいのに、これでは空気も悪くなり、ケンカ口調になるばかりです。

家族旅行に行きたくない夫!その対策は?

こんな不毛なやりとりを何年も繰り返した後、私は作戦をかえることにしました。

方法1:しつこく誘わない

「いつ休める?予約するけど本当に休める?」としつこくされるのは、誰だってうざいはずです。なので、日程を確約したいばかりにしつこく誘くことは止めました

方法2:子ども中心に考える

子どもが小学校に上がったので、地域活動やクラブなどがあり、いくら春休みや夏休みとはいえ、いつでもいけるわけではありません。

また、夫が平日に代休をとったとしても学校を休ませるつもりはないので、可能な日程は限られてきます。

そこで夫の都合ではなく、子ども達が可能な日程にしぼるようにしました。

方法3:夫同伴にこだわらない

子ども中心に考えて日程をしぼると、夫が必ずや一緒に行けるとは限りません。

ですが、子どもがある程度大きくなったのなら、母と子ども達だけで旅に出ることはそこまで難しいことではありません。この場合、現地でレンタカー移動が必要な場所など、運転が不慣れな場合は避けておけばよいだけです。

方法4:旅行計画をある程度ブラッシュアップしてから誘う

「全てを楽しく話し合って旅行を計画する」というのは諦めます。

旅行内容が漠然としていては、仕事が忙しい夫にとってはただ面倒なだけになるからです。そこで、大まかな日程、旅先は決めておき、現地でやりたいことのいくつかだけ相談するようにします。

その時も「何がやりたい?」と投げるだけではなく、ガイドブックなどを見える位置に置いておくなどしてみましょう。

それでもあまり意見がないようなら、夫が好きそうな現地のB級グルメなどを「おいしそうよね」と誘ってみるといいでしょう。高級店よりも、のってくる確立が高まります。そうしている間に、夫もその気になってくるので、旅行の計画は出来上がります。

家族旅行にどうしても行きたいのなら、「家族旅行は絶対全員参加」という概念は捨てるのも一つの手だと思います。

子どもが大きくなるにつれ、それぞれに都合もあり、日程も組みにくくなるので、「行けるメンバーで行ける時に」というスタイルにすれば、精神的にもラクになります。

 

「夫は行かないのに私達だけが楽しむなんて」と考えていては、何も出来ません。本当にそう思うなら、夫から旅行に誘われるのを待つだけになってしまいます。

家族だからといって、常に一緒にいることはできません。将来的に子どもは巣立っていきますし、ある程度の年齢になれば家族旅行にも難色を示すようにもなるでしょう。

主婦は家族を支える役割はありますが、まるで依存するように共に過ごす必要はないと分かった時、私の気持はとてもラクになりました。結局、「できれば一緒にいけたらいいね」くらいのスタンスで計画を立てれば、最終的には夫も参加していることが多いのです。

 

ライター情報:山田いちずさん

結婚15年目のアラフォー主婦です。子どもは二人、小学生です。基本的には専業主婦ですが、自分のお小遣いくらいはなんとかしたいと、PCを使った内職をしています。

イラスト情報:photoAC

  • 514650「とちぎ」さん
  • 276618「紺色らいおん」さん