MENU
ライフスタイルと夫

「やりっぱなし」の夫を「出来る夫」に!5つのトリセツとは

やりっぱなしの夫はとにかく何でもかんでも途中で放置します。これが妻のイライラを激しく増大させる要素。夫自身が気づいていない、配慮しないような態度はもっとイライラを増し増しにしますね。

ここではそんな夫を変える5つの方法を紹介します。

「やりっぱなし」の夫の4つの特徴

1.全てがやりっぱなし

「やりっぱなし」の夫は、例えば

  • 電気付けっぱなし
  • ドア開けっぱなし
  • 鍵を閉めない
  • トイレを流さない

など考えられる殆どの行動が中途半端に終わっています。

酷いケースになるとトイレが流されていない、なんて事があります。流してなくて度々う〇こが残っているケースです。

不衛生ですしモラルに欠けています。

2.マイペースで周囲に配慮が出来ない

男というのは周囲への配慮が出来にくい生き物です。男性は縦社会である事が多いため、女性のように周囲に配慮する力が欠けています。

こういった「やりっぱなし」の夫というのは「配慮する能力」が著しく欠如しています。

察してくれない男性を動かすために、妻にお願いしたい3つのルールこの記事を書いているのは男性(既婚)です。 ここでは男性目線で既婚男性ですら妻の無茶ぶり(だと感じる)「察して」言動について、それ...

またこういった男性は「マイペース」と評されることもありますが、社会的には良くない印象を持たせますね。

【空気読んで!】マイペースな夫と安定に暮らす3つの方法夫婦のペースが違う。これはともすれば価値観の違いとも取れます。価値観が合わない事は夫婦の離婚の原因としても上位に来ていますね。 他...

 

3.怒られた経験、注意された経験がない

こういった「自らを律する事が出来ない夫」というのは親に怒られた事、注意をされた事がありません。妻が何年も言い続けても効果が無いのは当然で、幼児期からの習慣は手強く、なかなか直りません。。

  • ボンボンお坊ちゃま
  • マザコン

などの夫がこれに該当します。

4.リスクの想像が出来ない

こういった夫は「こういう危ない事があるかもしれない!」というリスク評価・リスクの想像が出来ません。

危ない事がある、という想像が出来ないんです。

例えば家に鍵をかけ忘れるという「やりっぱなし」の行動。家に鍵をかけ忘れれば、当然窃盗などの危険が考えられますね。

しかし例えば実家で364日は全て(日中も夜も外出時も)あいた状態の為、鍵をかけない習慣があったとすると、それを「普通だ」と思いこんでしまい、鍵をかけない事に対するリスクを想像する事が出来ません。

こういった男性は車も勿論、鍵をしません。基本貴重品は全て、車内に置くタイプの旦那であったとしても、それでも鍵をかけないのですから、驚きです。

 

「やりっぱなし」の夫を出来る夫に!5つのトリセツとは

1.口頭での注意は効果が無い

口頭でその場その場で「やりっぱなし」を注意しても効果はありません。その場では妻の指示に従おうとも、その後が続かないんです。

なぜなら夫は「やりっぱなしが普通」だと思っているから。つまり妻の言う事に心の底からは納得していないんです。

納得していなければ、やる意義を見つける事もできません。ですからその後に「やりっぱなし」を治すはずもありません。

2.ノウホワイを伝える

本質的にこのような夫を改善するためには、「なぜそれをする必要があるか」という事の原理原則を伝えて理解させる必要があります。

例えば

「う○こ流してよ!」

と怒りをもって伝えれば、その場では流すでしょう。しかし結局また「う○こを流さない」という状況がもう一度起こります。

そうではなくて

「う○こを流さないと、不衛生で子どもが病気になる可能性がある。病気になったら子どもが可哀そうだし、お金もかかる」

こういう言い方・説明の仕方を心がけてみて下さい。

「なぜダメなのか」

これを率先して伝える事が大切です。

このようなテクニックを「ノウホワイ」と言い

know why=なぜか?を理解する

事を意味します。このようにして夫が「なるほど!」と思うような状況を作り出す事で、納得感を引き出し「やりっぱなし」という状況を避ける事が出来るようになります。

3.罰金性を敷く

いわゆる「罰金制度」を敷く事。これはあまりオススメ出来ません。本質的な改善にはなっていないからです。が、夫の注意力を向上させることは出来ます。

例えば1回に200~300円の罰金からスタート。

しかし多くの場合、始めの内は打撃がありますから「やりっぱなし」の回数はぐっと減ります。しかし、人は直ぐに慣れてしまうもの・・・

「罰金を納めたらいいんでしょ?!」

と夫が開き直る可能性も高いのです。

これは増額しても同じ。例えば次は罰金を増額し500円にしてみるとしましょう。流石に500円は痛手の様で慎重になります。が、やはり慣れてしまう。

この繰り返しになりますから、妻のイライラが本質的に解消するか・・・というと微妙な手段だという事です。

4.ガミガミは妻のストレスがたまるだけ

特に旦那さんが、すべてに置けてプラス思考、物忘れと人の話を聞かない覚えていない。というタイプの人は要注意。

寝れば次の日にはスッキリとリセットされる悩みゼロの夫でしょうから、そんな夫には敵わず妻はイライラが募るばかり。妻自身の考え方、モチベーションを変えなくては妻が壊れてしまうでしょう。

目をつぶれる部分は見逃し、少しでも自分へのストレスの負担を減らそうと考える事はかなり重要な考え方です。

ガミガミと長文の説教に力を入れても、夫は「労力の無駄」と全く聞いていなければ意味の無い事です。説教中イビキをかいて寝ている事がある夫すらいますから、妻が可哀そうにすらなって来ますね。

ですから出来る限り労力を減らし、短文で如何に伝えれるかを考えて言葉にしてみましょう。

5.子どもに注意してもらう

お子さんがいるご家庭では、これは効果が高い方法。

小さな子供にも注意され、解決すれば親らしくなれますね。注意している所も子供は良く見ています。こういう事に触発されると「子供の見本」になろう!と奮起する旦那さんもいますから、試してみる価値は十分にあります。

改善し親として自覚を持ってくれれば儲けもの。そうすれば妻も、もう少し夫の事も好きになれるでしょう笑

夫に父親としての自覚を芽生えさせる最も効果的な方法夫出張が多かったり、また単身赴任の状態ですと、どうしても夫婦のコミュニケーションが減りがちです。そしてそういった状況では夫が子どもと触れ...

 

ストレスを減らすことを考えよう!

とにかく少しでも自分への負担とストレスを減らす事が最優先です!

それができれば苦労しないと思いますが、自身がちょっとした考え方を変えるだけで、ストレスが減ります。自分自身も考え方に柔軟性を持たなければいけないと、よく考えてみましょう。

悩みは引きずらない

悩みは引きずっては絶対にダメです!

毎日起こりうる事なので、必ずその日できっちり解決を目指しましょう。自分の為と思って実践し続ける事が大切。少しでも忘れること、割り切りはとても大切です。