MENU
ライフスタイルと夫

今すぐ出来る!「食器洗いが下手な夫」を変える3つの強力な考え方

夫という生き物は中々「食器洗い」が上達しません。

妻が見ると

  • 「あちゃ~その洗い方は・・・」
  • 「いいよ、もう私がやるっ!」

なんてなったりしませんか?

もしもあなたが、こんな風に「出来る妻」であれば、まず間違いなく日々の家事や育児でストレスを猛烈に抱えているタイプでしょう。

成長しない夫に悩む日々。

心中お察しいたします。

今すぐ出来る!「食器洗いが下手な夫」を変える3つの強力な考え方

たかが食器洗い、されど食器洗い。

あなたの夫が食器洗いが下手な理由を解析し、どのようにすればあなたが満足するレベルに到達できるかを考えてみましょう。

1.練度を向上させる

食器洗いも一種の技術です。妻は常に食器洗いをしていますから、自ずと技術レベルが向上しています。

例えば

  • 段取り上手(洗う順番など)
  • ぬめりが残らない洗い方
  • 漬け置き
  • 洗剤の節約

などなど色々な技術をご存知ですよね。

ところが食器洗いが下手な夫はこういったもろもろの基礎知識を持っていません。当然段取りは下手ですし、洗剤はガバガバ使用します。

こういった場合に夫のやり方についてケチをつけてはいけません。

妻は見守る。

これが大切です。

通常の人間は「近道行動を取る」という特徴があります。自らが楽をするために、作業効率を改善する行動の事を指します。

これは自分なりに納得感を持ちながら改善していく事が大切で、他人から言われたことに対しては反発する傾向があります。

つまり、夫が自主的に工夫を編み出す事が大事で、これが妻が横から夫の行動に口を出すと上手くいかない事の原因となっているのです。

2.妻が夫の「食器洗い」を妨げている

男という生き物は面倒くさがりです。

なかなか動き出さない。

これは典型的な男の特徴です。多くの男というのは競争社会に生きています。競争社会ではわずかなチャンスをものにしなければなりません。

そういったチャンスをものにするためには「力を蓄える」という事をしておかねばならず、そういったケースにおいて男というのは「じっとしている」事が多いのです。休んでいるとも言えますがね。

一方女性は子どものために常に動き回らなければなりません。ですので女性から見ると「男はなかなか動かない」と思ってしまうんです。

なぜあなたの夫は【面倒くさがり】なのか?夫を動かす3つの男性心理「夫が面倒くさがり過ぎて、まったく行動しない(´・ω・`)」と残念がる妻は多いですね。 しかし不思議ではありませんか? これ...

男に食器洗いをお願いしましょう。その際には夫が「分かった、やる」と言ったなら、絶対にやります。

しかしそれは30分後か1時間後か6時間後かは分かりません。彼は力を蓄えているので、すぐには取り掛かりません。しかし「やる」と言ったなら絶対にやります。

ところがここで

「なんでいつまでたってもやらないのよ!」

と妻が「自分の素早いペース」を夫に押し付けてしまうと、とたんに夫は機嫌が悪くなり食器洗いをしなくなります。これでは夫の食器洗い技術が向上するわけはありません。

男は同格の存在から「指示」をされるのが極端に嫌いだからです。格上なら構いません。上司には絶対服従。しかし部下に指示されても動かず、同期に指示されるのは極端に嫌います。

男というのは縦社会に敏感です。

以上から、妻は一旦夫に食器洗いをお願いしたならば、彼のペースに入るまで絶対に急かしたりしてはいけません。忍耐をもって待つことも大切な対策です。

3.どうしても夫に任せられない

妻と夫は別々の人間です。

これを全く同一の技術力でもって食器洗いを行う事はなかなか難しい事です。

企業においては作業をマニュアル化し、「人」の違いによる作業効率や作業結果の違いを無くす対応をします。

これは4M管理のうちの「Man(人)」の管理を指します。

4M管理とは製造業における品質管理の用語で「Man(人)」「Machine(機械)」「Method(方法)」「Material(原料)」の4つを完璧に管理すれば、全く同一のアウトプットが得られるという考え方。

しかし家庭でそんなマニュアル化をするか?と言われるとしないでしょう。

ですので、もしも夫の食器洗いのやり方に不満がある場合は、いっそのこと「妻も夫も食器洗いをやらない」というのも選択肢の一つです。

特に食器洗いに関しては妻の納得のいく洗い方はしてくれなく、毎日妻が夜帰宅後二度手間になって洗い物を行う、などの無駄行動をしている場合は、時間と労力の節約を考えるべきでしょう。

それこそが人生を豊かにする考え方に他なりません。常にお金の節約のみを優先していては、かえって損をするわけです。

こういった場合には食器洗い機を選択する事をお勧めします。

食器洗い機自体はお金をかける事になりますが、得る事が出来るリターンは「時間」と「労力」です。これは「投資」であると考えてみると良いでしょう。このような状況を考慮すると納得のいく考え方になります。

パナソニックNP‐TA3‐Wホワイト

食器洗い機にも色々ありますが、ここで推すのはパナソニックNP-TA3-W。

デザインがシンプルで、色もホワイト。多くのリビングの雰囲気にピッタリです。約5人分の食器を洗えることもあり、沢山の食器がでる家には良いでしょう。

鍋や大きい物もすんなり入れられる点がポイントで、手洗いに近い精度で洗浄が出来ますので夫に安心して家事を任せる事ができます。

ホースの長さが一メートル程ですので、ホースの長さはしっかり見てきましょう。また、電源コードの長さが1.9メートルなので、そちらも各家庭により配線コードの必要な長さがあるかと思いますのでしっかりと確認が必要。

取り付け工事が少し難しいので、機械に苦手な方や取り付け等自分で行えない方は工事依頼をお勧めします。

なお工事スタッフは全国に配置されておりますので、どこに住んでいても取り付けに困ることはありません。

また、こちらの商品には予約機能がついておりますので、各家庭の生活スタイルで時間を予約機能で調整できるので便利です。