ライフスタイルと夫

外食嫌いの夫!毎日の食事の支度が負担なんです!

夫は外食が嫌い…好き嫌いが問題ではなく、家での食事の支度を毎度毎度要求されると疲れてしまいますよね!毎日食事を準備するのがどれほど大変なことか!

夫が食事を作ってくれれば問題ありませんが、そんな根本的な解決方法を要求できる夫ならば、このページを検索してはいませんものね。

ここでは外食サービスを利用した体験談を記載頂きました。

外食嫌いの夫!毎日の食事の支度が負担!

ライター:リバーランドさん(57歳)

結婚して21年目、子供はいません。専業主婦です。夫は数年前に定年退職し、現在は自宅で自営業を営んでいます。

「食事は手造りで」が基本の夫

私どもは、結婚するまでの日数が1年未満と比較的短く、お互いの両親とも1,2度しか会っていませんでした。そのため、食事習慣や外食についてはほとんどリサーチせずに結婚してしまった気がします。

私の実家は、両親が長期間共稼ぎでしたので、あまり食事は手造りにこだわっておらず、外食や出来合いのものの利用が多く、「おふくろの味」とは程遠い食事形態でした。

それに反して、夫の実家は、義理の母がずっと専業主婦で、「食事は手造りで、家でとるのが当然」と言った考えでした。その辺が結婚当初からかなりネックになり、かなりお互いにストレスがたまったように思えました。

食事に拘りのある夫

夫は家事には比較的協力的でしたが、食事についてはかなりこだわりがあり、「外食・デリバリー大好き人間」の自分とは、中々折り合うのが難しく感じました。

加えて、夫はほとんど友人・知人がおらず、私以外の人と「外に食事や飲みに行く」という事もほとんどないので、食事(夕食)は、毎日自宅でとります。

それゆえ、献立が考えられずますますストレスがたまりました。実家の母にも相談しましたが、愚痴を聞いてもらうぐらいでした。結構辛い日々が続き、このまま一生食事作りに追われるのかしら、とさえ感じていました。

 

外食サービスの利用を提案

このままでは自分自身が困ると思い、結婚後何年か経ってから、

「お互いの実家の習慣が違うから仕方ないけれど、毎日の夕食の献立を考えるのは非常にストレスで、食事作りのモチベーションも下がってしまう。せめて週1回ぐらいは外食やデリバリーをしたい」

と夫に提案しました。

夫は私がそんなに追い詰められていたとは全く考えていなかったようで、最初は抵抗もあり、とまどっていたようでした。ですが、色々話し合った結果、

  1. 週2回の食材宅配サービスの利用
  2. 週1回は、外食かデリバリーを取り入れる

という事で、落ち着きました。

サラリーマンの夫が定年を迎え、昼食の準備も加わる事になりましたが、あまり思い詰めず、昼食に関してはコンビニで買ってきたり各自で作ったり、と何とかやっています。

また、私が外で習い事をする日には、無理をせず、外で出来合いのおかず類を買ってきたり、実家の手伝いに行く日は一人で済ませてもらったりと、臨機応変に対応しています。

手作りの食事に慣れていた夫にとっては、私の提案はかなり過激なものだったと思いますが、現在はうまく折り合ってやっています。

 

ストレスが軽減されると、家での食事の良さも見えてくる

外食もたまに出かけますが、家でくつろぎながら二人でとる食事も中々良いものかもしれない、と私も最近ようやく思えるようになりました。いつも夫が近くにいて、私の料理を喜んで食べてくれるというのは幸せな事です。

ですが、私もモチベーションアップのために、たまには友人と食事や飲み会に出かけたりしています。

結婚は朝から晩まで毎日続く地味な出来事の繰り返しです。その中で、食事はやはり大きな部分を占めると思います。食事に関してのこだわりや譲れない部分等は、結婚後なるべく早い段階で話し合っておいた方が良いと思います。多少は言い合いや喧嘩になるでしょうが、重要な事ですので。