彼との悩みを解決したい

彼氏がキュンとする12の「上手な甘え方」!甘え上手で彼を虜に!

甘える、というは簡単なようで難しいもの

例えば

  • 兄弟の中で1番上な人
  • 自分の事を表現するのが得意でない人
  • 他人の領域に踏み込むことが出来ない人
  • あまり自分の事は離さない人

こういった「真面目な人」「控えめな人」は特に甘えるのが難しいと感じているのでは無いでしょうか。

しかし甘えられて嬉しくない男たちというのはいません。彼らの存在意義は女性に頼られる事であり、それでアイデンティティを守っているのです。彼女があまりにも甘えてくれないと「寂しい」と感じてしまう男たちのためにも、是非どんどん甘えてみましょう笑

ここでは具体的な甘え方を分類別にまとめています。

言葉で彼に甘える方法

くっついたり、いきなりなスキンシップが難しい方は、こちらの

言葉で甘えてみる方法

がお勧め。

言葉というのは相手との信頼関係を築くためのツールです。是非活用してみましょう。

1.話をする事から始めてみる

なかなか言葉でも甘える事が難しい方は、まずは「自分の事を話してみる」から始めてみましょう。しかしただ話をするだけではうまくいかないのも事実です。

それはなぜか。

男たちは女性のように「相手の話に共感する」が得意ではありません。また同時に「何か困っているなら、解決策をみつけたい」と感じる生き物でもあります。

男たちにこういう特性があるので、彼女が話をしはじめても

  • それってこういう事じゃないかな
  • こうすれば良いのに

などのいらぬアドバイスをくれます笑。こうする事で彼女は「そうじゃない」「分かってくれない」と思ってしまうのですね。

男たちのこれは「解決脳」とも呼ばれますが、男の世界ではこの能力が必須です。この解決脳をもっていない男は、男の世界では「無能」とされますので、男たちも必死にアドバイスをしたがるのです。愛する彼女に無能と思われたくないですからね。

しかしこれが逆効果という悲しさ笑

ですので、彼氏に話をして甘えたい場合、ここでポイントなのは、話をする前に一つ「お願い」をしておくこと。

話を聞いて欲しいだけなの

というお願いです。

アドバイスや解決策では無く、ただ「気持ちを聞いて、「そうだね」って言って欲しい」とお願いをしておきましょう。そういう事は男は言われなくては分かりません。それであれば男も「何かアドバイスをしなくちゃ」などとプレッシャーを受けずに楽に話を聞いてくれるモードになるのです。

そのようにうまく男女の特性を理解する事で今日あったことで嬉しかったこと、ムカついたことなど、大したことでなくても話を聞いてもらいたいと思えるようになるのです。

そして、それだけで気持ちが楽になる。頼りになるという事を伝える事を忘れずに。頼りにしていることが申し訳ないのではなく、相手にとってはそんな甘えが嬉しかったりするものなんです。

2.感謝を伝える

感謝というのは、相手に対して

貢献感

を与えます。

貢献感とは「あぁ、俺って役に立っているんだな」というもの。承認欲求を満たすとも言います。人は必ず「誰かの役に立ちたい」と思っている生き物です。そうする事で自分のアイデンティティや存在意義を再確認できるのです。

彼氏に甘えたい時はまずは自分がどんなに今辛い状況なのかを伝え彼氏の そばにいたいということを伝えてみましょう。 あんまりベタベタしても嫌がられることが多い場合は適当な時間が経ったら

「たくさん話を聞いてくれてありがとうね」

とお礼を述べます。

その後で 彼氏に聞いたいろんな意見が役に立ったよと彼氏の顔を訴えることも忘れてはいけません。そして『彼氏といるとどれだけ自分が幸せなのか』ということを伝えると彼氏はとっても甘えさせてくれるでしょう。

3.褒める

男たちに対して

褒める

というもの効果的。男たちの社会というのは「みんな仲良く横社会」ではなく「他人は蹴落とす縦社会」です。そのため常に勝負事の世界で生きている彼らは「褒められたい」「勝ちたい」という欲求があります。こういう中で彼女から褒められること程嬉しい事はありません。

ポイントは

彼自身の事を褒める事。

特にコンプレックスになりやすい「におい」「体」について褒めてあげると良いでしょう。〇〇君のにおいが好き。といって抱きしめられ、甘えられる事が嫌いな男たちはおりません。

4.びっくりさせる

多用してはいけませんが、男たちを心配させて甘える方法も効果的です。男というのは「庇護欲」があります。大切な彼女であれば尚更です。

「話しがあるんだけど・・・」と暗い雰囲気をわざと出して、彼が「なに?」と不安そうな顔と声で聞き返してきたらチャンスです!「なんでもない!大好きなだけ!!」と満面の笑みで答えると、彼はとっても嬉しそうな顔をして、その後ずっと優しくしてくれます。(30代)

スキンシップで彼に甘える方法

スキンシップというのは、人に好意を持たせる効果があります。これは気のせいでは無く、スキンシップによって「オキシントン」という「親愛を感じるホルモン」が出てくるからなのですね。

スキンシップを有効に活用し、彼との距離を縮めてみましょう!

5.スキンシップ

スキンシップの基本は肌の触れ合い。肌がじかに触れあう事でオキシントンが発生します。

  • 手を繋いだり
  • 抱きついたり

というものですね。

仕事で大変だったとき、甘えたくなりすよね。でも説明するのも大変だし、気を遣わせるのも良くないし、でも甘えたいし、という葛藤があるのではないでしょうか。

そういう時は難しい事はいりません!

思い切って無言で抱きつきいてみましょう。最初は相手も驚くでしょうが、彼には必ず気持ちが伝わります。男ってそういうもの。常に彼女が心配な生き物なんです。こういう時は黙って抱きつかせて甘えさせてくれます。

そんな風にして徐々に上手に気持ちを伝えられるようになれば良いのですね。

6.ボディタッチ

ボディタッチはスキンシップよりもやや控えめな表現方法。しかしタッチの仕方によっては男たちに大きな効果を与えます。

ボディタッチはさり気なさを装う事で

相手の反応を確認する

事が出来るという特徴があります。

男も常に心に余裕がある訳ではありません。相手に気遣う余裕がある時に甘えてみると、上手く甘えさせてくれる確率が高まります。

彼の気持ちが分からない

と言う時は例えば次のように攻め込んでみましょう。

さりげなく近くに行って、腕などに軽いボディタッチをします。その時の反応を見て、忙しいか、かまってくれそうかを判断します。 払いのけたり、拒絶したりしてこなければ、そのままくっついて甘えてみましょう。

また甘えたいときは、ボディタッチをしたときにじっと相手の顔を見るようにしてみると効果的。これはあまり言葉でぐいぐい行くのは好きではない人にお勧めです。表情や雰囲気で伝えるようにしてみましょう。

男たちは女性のように「相手の気持ちを汲む」事が苦手です。ですので、大げさに分かりやすくやるくらいで丁度良いでしょう。

7.遠慮せずに甘える

ボディタッチで好感触が得られれば、そのまま彼に飛び込んでみると良いでしょう。

  • 肩にもたれかかってみたり
  • 腕を組んでみたり
  • 手をつないだり

そうすると彼の方もハグをしてくれたり、甘やかしてくれます。言葉にするよりもスキンシップで甘えることがうまく甘えられる事も多いのです。言葉で甘やかされるのも素敵ですが、お互い照れてしまいますよね。

そういうときは、遠慮せずに飛び込むのが一番です。

雰囲気で彼に甘える方法

甘えるという中でも大切なのは

雰囲気

雰囲気が伴わないと、なかなか甘えられるものも甘えられません。言葉やスキンシップと組み合わせて使うと効果的なテクニックです。

8.恥じらいを見せる

甘える際にはガツガツし過ぎても良くありません。

時には恥ずかしがってボディタッチしてみたり、服の裾を引っ張ってみたりして、

恥じらいもあるんだよ

という事を相手に伝えることも大切にしてみましょう。

ただ、相手が奥手なタイプだとなかなか上手くいかなくて逆効果だと思うので、そこは臨機応変に。男たちは「隠されているもの」を探したい狩猟本能があります。女性の「恥じらい」は男たちの狩猟本能を刺激するのです。

9.可愛くおねだり

男たちは彼女のお願いを叶えたいと思っています。しかし重たいおねだりというのは疲れてしまうのもい事実。ですからおねだりをする場合は可愛く、簡単なお願いをしてみるようにしましょう。

  • 「疲れちゃった〜からマッサージして〜」
  • 「お料理がんばったからぎゅーして〜」

などと可愛らしい雰囲気を出すのが効果的。もたれかかったり、抱きつきに行ったりしてみましょう。

甘えたい雰囲気を仕草や態度で示した場合、その状況に慣れてない相手だと何をしたらいいのか理解できなかったりもするので、わかりやすく 態度+言葉で表すのが一番ですね。 男性側もわかりやすい方が対応してくれやすいです。

上目遣い

上目遣いというのは男たちに対して強烈な威力をもっています。こういった事をテクニックとして使用するのはとても効果的です。

甘えたいときは下から上目遣いで「〇〇くーん」と話していました。この時も、彼の背中に腕を回すと、彼がデレデレに笑(20代)

チューアピール

チューしたいっていうことをアピール(目つぶってチューの形の口)して、甘えたいモードを出したり、

「掴む」

「掴む」という行為も男心をくすぐります。頼りなさげな雰囲気が庇護欲を掻き立てるのです。力強く握るのではなく、そっと掴むような動きがgood。

二の腕の後ろらへんを掴まれていると、ぐっときますね(30代男性)

10.リラックスした雰囲気を作る

甘える際にはリラックスした雰囲気を演出しましょう。深刻な雰囲気を出してしまうと、彼も戸惑って身構えてしまいます。

ですので例えば彼の興味のあることに話を合わせて、雰囲気を楽しいものにすることから始めましょう。また、

  • スナック菓子などを用意したり
  • 一緒にテレビを見たり

してリラックスできるようにするのもOK。

空気がなごんできたら少しぶりっ子のような口調で話し、自分がして欲しいことや聞いてほしいことをおおまかに伝えます。OKが出たら具体的に行動に移し、NGが出ればぶりっ子のように口を膨らませ雰囲気を壊さないようにしながら最初からやり直してみましょう。3回ほどやって無理そうなら諦める事。

またおねだりの中でも男たちにウケの悪い「NGおねだり」は沢山あります。そういった地雷を避ける事は大切ですね。

彼氏に対してやってはいけない9つの「NGおねだり」嫌われ確定!彼に対して「おねだり」「お願いしたい」という場面は多くあります。 しかし男たちはこうう場面でこそ女性を試していると言っても過言では...

11.ちょっと強引に

普段は彼を立てるような形が、男心をくすぐりますが、そういった中でちょっと強引な感じで甘えるのも良いでしょう。

  • 彼氏が洗い物をしてる最中に後ろから抱きついたり
  • ソファで横並びに座ってる時、彼氏の膝に自分の脚を乗せたりする

と彼氏も微笑ましい感じで許してくれるでしょう。

また彼氏が同じ室内に居るのに離れたところに居る場合は、猫なで声で「こっち来て〜」と言ったり、自分の横をポンポン叩きながら、「ん!んー!」と言ったりして呼び寄せたりします。

これらの行動を拒否されたりする事はまずありません。逆にもしされたらその時は、彼氏の気持ちが離れ始めてる証拠ですので、不安な方は試してみると良いでしょう。二人の心の距離を測る事ができます。

12.スイッチをしっかりと切り替える

もしもあなたが彼よりも年上で甘えにくい、と思っているのならばそれは間違い。むしろ年下の彼は「彼女が甘えてくれない」という事に不満をもっている可能性の方が高いでしょう。

こういった場合は、「甘え」と「年上」のモード切替をしっかり大切にすると良いかも知れません。

会社が同じなのですが、仕事中は大人(上司)として頼られるような振る舞いをするなど自立した女性だとします。その反面会社外では彼を立てるよう心掛けています。年下であると認識せず、一人の男性として接することで彼も自然と男性を出しやすくなるのかリードしてくれていると思います。(30代)

いかがでしたでしょうか。

「甘える」という行為も、考えなしにするよりは色々なスキルを使いこなしながら、彼との信頼関係構築を目的に過不足なくやるのが良いでしょう。

彼女に甘えられて嬉しくない男はいません。自信をもって、怖がらずにチャレンジしたいですね。