MENU
ライフスタイルと夫

高い車を買いたがる夫を説得する3つの作戦【車好きな夫】

男の趣味の代表例として挙げられる「車」。

車も色々な機能・形状がありますから、目的別にどのような車を買うかは人それぞれ考え方が異なります。価値観の違いなどもありますしね。

車も高い買い物ですから夫婦で複数台買うのも難しいですし、1台持ちのご家庭が多いでしょう。その中で夫婦の意見が食い違った場合、どのような落としどころを付けるか。非常に難しい問題ですね。

車好きな夫の3つの典型的な特徴

車好きの夫を持つと、家族で車を選択する際には必ずといって良いほど揉めます。妻が目指す家族の形と、夫が目指す夫の趣味が異なるからですね。これも一つの「価値観の違い」と言えますが、車は高い買い物だけに、その解決法を見つけるのは中々困難です。

  • 夫は稼いだ給料では好きな車を買いたい
  • 妻は車があって乗れればいい

多くの場合このような感じで意見が真っ二つに分かれます。ここでは車が趣味の夫の特徴を確認しつつ、解決策を模索してみましょう。

1.車好きの夫は給与を車につぎ込む

車好きの夫は、とにかく給与の大部分を車につぎ込む性質があります。結婚前のお金の使い方は自由とは言え、そういう夫はお給料のほとんどすべてを車に費やしていた、なんていう黒歴史も。

例えばトヨタのランドクルーザーであるとか、新車で買うとかなりの値段になる車も当然のように選択肢に入ってくるわけです。

なんていったって趣味ですからね。男はその習性として、趣味に対して並々ならなぬ情熱を抱きます。夢を見る訳です。ですから現実的な意見を持つ妻とは真っ向から対立する形になるんです。

2.高い車を買いたがる

妻(女性)は現実的な意見をお持ちの方が多いですね。人生においてより冷静な視点を持っていると言えるでしょう。

  • 車は乗れればいいと思っている
  • 夫どうしてそんなに車にお金をかけるのか理解できない

こんな方も多いのではないでしょうか。。無理して高い車に乗ってもいいことなんてないとすら思っているかもしれません。

ところが夫はそうではないのです。とにかく趣味を追い求めるがために、車の「性能」「外観」「評価」そういったものを求め、かつ自分の好みに合わせてきます。そこに家族の将来設計などは含まれていないのです。

「趣味」という一点からのみ物事をみているので、視野が狭いと言えますね。

3.家族設計が出来ていない

車が趣味の夫というのは家族設計にまで頭が回っていない可能性があります。たとえ子供が一人だとしても、その膨大な教育費はバカになりません。最初から計画的に考えていかなくてはならない問題です。

ところが趣味に頭が向いてしまっている夫というのは、家族全体の人生設計に目が向きません。全体を見渡すような広い視野を見失ってしまっているのです。

 

高い車を買いたがる夫を説得する3つの作戦

妻は車ではなく、そういった生活面にお金をかけたい一方で夫を説得しようにもなかなかうまくいっていない方が多いでしょう。

夫婦生活で最も苦戦する課題と言えば「価値観の違い」これで離婚する人が最も多い位ですから、簡単な問題ではありません。

ここではそんな「高い車を買いたがる夫」の説得の方法を考えてみましょう。

1.かならず「あなたが」試乗すること

車を購入するにあたってディーラーに行き、「あなたが」試乗などもさせてもらいましょう。まずはこのように「現場」を見なければ話が進みません。

  • 乗り心地はどうか
  • 格好がいいか
  • 価格は合うか

このあたりを肌で感じないと議論が出来ないからです。

場合によっては試乗する事で「夫の趣味って結構良いかも・・・」なんて新たな視点も開けるかもしれません!それはそれで「他人を受け入れる」という良い傾向とも言えますね。

2.グラフで数値化して説得!

男というのは感情では動きません。

何が男を動かすか?というと

論理

これに尽きます。

男は女の会話が好きではない人が多いですね。長々と結論の出ない感情論を聞き続けるとイライラし始める人がほとんど。

ですから、あなたが夫を説得したい場合は「論理」で攻める必要があるわけです。

貯金や将来こんなにお金がかかるということを説明していましょう。簡単なグラフなどを使って、できるだけぱっと目で見てわかるようにすることが大切です。

3.子どもの状況を説明して説得!

またお子さんがサッカーなどをしている場合は「良い説得材料」になります。試合などの送迎でチームのお子さんたちを何人も乗せなければいけません。その際例えば

  • ランドクルーザーだと乗りにくいのはないか
  • 人数が乗れないのではないか

などの視点で論理的に攻めこむことが可能です。

更に比較対象も具体的に持ってくることが重要。例えば候補としてヴォクシーを上げるのであれば。

  • ヴォクシーなら荷物がたくさん詰めるよ
  • サッカーのお友達も乗り降りが楽だよね
  • キャンプにも行けるよ

なんてメリットをしっかりとイメージできるように準備してみましょう。

子供にもヴォクシーのほうがいいなどと言ってもらうとなお良し。子供が成長してから好きな車を買ったらいいのではなど提案にも繋がるからです。

 

男の特性~数字で分かりやすく説得すると理解されやすい

車の趣味を前面に出す夫の説得の仕方、いかがでしたでしょうか。

夫に論理的な方法で説明し話をちゃんと聞いてもらいましょう。自分が欲しいというだけで高価な車を購入するのではなく、家族のことを考えてもらうためのメリットを提示するのです。

子どもの話など、色々な角度で話してみよう!

またいろいろな角度から話をすれば、少しは聞き耳を持ってくれる可能性も上がります。子煩悩な旦那さんなら、子供の将来のことを持ち出したり、子供にこの車がいいなどと言ってもらうのも効果があると思いますよ!