MENU
夫婦生活改善

炭酸水メーカーで毎月12000円の節約に!毎月の酒代を減らそう!

毎月の酒代というのは馬鹿になりません。

毎日のように二人で晩酌をするととにかくお酒代が結構かかってしまっていて、しかし二人とも唯一の楽しみである晩酌だけは我慢したくないので、どうすれば晩酌を我慢せずお酒代を節約出来るのか、悩んでしまいますね。

けれど相談しようにもお酒のことだし、飲む人は気持ちを理解してくれるだろうけど、飲まないひとからしたら、やめたらいいだけでしょ、そりゃそうだよな、でも…となるのでアドバイスもらうことも出来ず、夫婦で悩んでいる方におすすめの節約方法です。

特に家でお酒を飲むタイプの夫(またはご夫婦)にとっては月2万から3万円もの負担になり、食費と同レベルの出費になってしまう事もあります。

ここでは飲むお酒の種類を変えて、炭酸メーカーを買う事で月12000円の節約になる方法をご説明します。

炭酸水メーカーで毎月12000円の節約に!毎月の酒代を減らそう!

お酒が大好きで毎日晩酌をする夫やご夫婦。

ビールとチューハイを1ヶ月合わせて5、6ケースくらいは買っている事でしょう。ところがこれをすると金額で言えば月々20000円以上はかかってしまうのです。これは正直痛手だと言えるでしょう。

この酒代は実は節約する事ができます。

ここでは

  1. 酒の種類を変える
  2. 炭酸水メーカーを購入する

という手順で月々12000円の節約になる方法をご説明します。

ハイボールに変更する

まずはこれ。

お高いビールやチューハイではいずれ家計が破綻してしまいます。ですからこれを節約するため、酒種をハイボールにしてみましょう。焼酎が飲めない人でも口あたりがさっぱりしているのでオススメ。

安いウィスキーをを探してみましょう。4リットルを2800円くらいで入手可能です。大人二人であれば、これを月に2.5本ほど消費する事になりますので、金額にすれば月々7000円ほどとなります。

炭酸水が高い

ところがこれだけではいけません。

ウィスキーを炭酸水で割る場合、この炭酸水の費用も考えなくてはいけないからです。例えばサンガリア炭酸水1L単品で購入するとAmazonで151円となります。炭酸水結構高いですよね。

しかしまとめ買いするともう少し安くなります。例えば「サンガリア 炭酸水 1L×12本」で見るとAmazonで1359円程度。1L当たりで言えば約113円となります。それでも高いね!

実際には業務用スーパーなどへ行けば炭酸水は70円~100円という価格帯になろうかと思います。ただそれにしても費用が倍半分になる訳ではありませんし、炭酸水を沢山消費するご家庭で炭酸水を買い続けるのはあまりオススメ出来る行為ではありません。

炭酸水メーカーを購入してみる

そこでこの方法。

炭酸水メーカーを購入してみましょう。

炭酸水メーカーは二酸化炭素と水から炭酸水を製造する機械です。二酸化炭素はガスシリンダーから吹き込みますが、これは当然消耗品。ガスシリンダーの交換は月に1回程度です。

しかし1本交換すれば約30~60リットルの炭酸水を製造出来ます。詳しく見てみましょう。

Amazonでのオススメ商品ソーダストリームからご説明してみましょう。

公式サイトとして1Lあたり36円で炭酸水が製造可能と言われています。ただし公式サイト以外のレビューでは30L程度という報告もありますので、安全を見て30L~60Lの炭酸水が出来るとしましょう。

ソーダストリームのガスシリンダーは新規購入すると約3000円ですが、古いシリンダーの交換は専門サイトで1本あたり2160円で可能です。ですので炭酸水の費用は36~72円程度と計算されますね。

炭酸水メーカー(ソーダストリーム)の費用対効果

以上から考えると以下のようにケース別で月々の酒代が計算できます。ここではハイボール中のウィスキーと炭酸水の比率を1対3として計算しましょう。

ビール5,6ケース炭酸水購入ソーダストリーム
月々の酒代20000円(およそ40L)7000円(ウィスキー10L)7000円(ウィスキー10L)
炭酸水費用なし70円~100円(1L)2100円~3000円(30L)36円~72円(1L)1080円~2160円(30L)
月々の合計費用20000円9100円~10000円8080円~9160円

このように約40Lのお酒を飲むとしても、ビールを買っていたころに比べれば炭酸水割のハイボールに変更する事で約10000円もの節約になっている事が分かります。

またソーダストリームを購入して炭酸水を節約すると、さらにプラスして1か月約1000円~2000円の節約になるんです!

ソーダストリーム本体自体の費用は約10000円ですから、

10000円÷(1000円~2000円)

とすると5~10か月で元が取れる計算になりますね。

炭酸水メーカーのデメリット

もちろんデメリットもあります。多くの炭酸水メーカーでは、炭酸ガスシリンダーがそのままゴミで出す事が出来ません。

特殊な容器になりますので、例えばソーダストリームであればメーカー引き取り案件になります。もちろん引き取ってもらう場合はガスシリンダーを新規で購入するよりも安価でガスを入手出来ますからデメリットばかりではありませんけれども。

そのあたりの面倒くささが気にならない方には是非お勧めですね。

 

酒代はバカにならない!真剣に考えた方が良いよ!という話

毎日の晩酌が大好きでやめられないご夫婦で、焼酎は安いけれど飲めない、でも、ハイボールは大丈夫!という方でお酒代がかかりすぎて家計を圧迫してるなとか、そうでなくても少しでもお酒代を節約したいなと思ってるご夫婦にはぜひおすすめしたい節約方法です。

ソーダメーカーはお酒はもちろんですがジュースだって作れます。料理にも応用が利きます。炭酸の強め、弱めも調整出来るし、微炭酸ならもっとガスの節約が出来るという利点もありますね。

お酒って絶対いるものじゃないから少しでも節約したいし、まわりに飲むひとがいなければなかなか相談やアドバイスももらえないので、どうしたらいいのか悩むと思います。

お酒の種類を変えるだけでこんなに節約になるんです!旦那さんと協力して話し合って、いいかもと思ったらぜひ試してみて下さい!