彼氏が欲しい方の悩み

理系男子の特徴5つ!真面目な恋愛をしたい方におすすめの生き物です!

理系男子が持て囃され始めて少し経ちますが、未だに理系男子界では恋愛ブームが来たという実感はありません笑

理系男子にも色々な種族がいるのは確かですが、その大部分は恋愛未経験の人も多く、一方で非常に真面目な人が多いのも事実で恋愛物件としてはとても有望かと思います。手に職があるので将来有望と言うのもありますしね。

ここでは理系男子の特徴と恋愛にお勧めな理由をご説明します。

理系男子が見ている恐ろしく超高難易度の「恋愛」世界

高校後半から大学にかけて、理系男子が暮らす世界では女性がレア化していきます。それも単なるレアではなく超々レアだと言ってもいいでしょう。

ここでは理系男子が暮らす世界と、彼らが見ている実情についてご説明します。

理系界では女性が「超レア」

高校の理系と言えば女子が良くても20%いるかいないかの世界。更に学部にもよりますが、理系大学に進学すると更に女性率が下がります。

バイオ(生物)学科などは女性がまだいますが、純粋なロボット工学や理工学部などに行くと女性が全生徒中の5%以下もザラです。100人いれば女性は5人以下。「超レア」…要するに、「ほぼいない」のです笑

更に会社に入社しても理系が配属されるような「研究開発部門」「技術部門」では女性がいません。最近でこそ「女性活躍」が叫ばれていますが、そもそも理系女子の数が少ないので全然増えていません。

理系男子が住む世界というのはよほど積極的に動かないと女性がいない世界であり、

「全世界の男女比は約50%対50%」

などと言われても到底信じられないのが理系男子諸兄です。

圧倒的競争率!女性=お姫様!

そのような状況で普通に生活している事を想像してみて下さい。100人中の5人の女性を狙わなくてはいけない状況から、理系の中では少し可愛い女性というのは

圧倒的お姫様扱い

を受けます。

それはもう、ものすごいチヤホヤされますし、彼女らからしてみれば95人もより取り見取りの男たちがいるのですから、チート(ずるい)状態だと言っても良いでしょう。

恋愛ヒエラルキーの偏り具合がやばい

というような状況から、理系男子の恋愛ヒエラルキーはやばいほどの偏り具合です。

理系と言うと「容姿がもさもさ」のイメージがありますが、当然そうではない人も沢山いますし、イケメンだって当然います。頭が良い上にコミュニケーション能力も抜群!イケメンでスポーツ万能なんて超人も普通にいます。そしてその超人の人数がだいたい5%。女子と同じくらいの数です。

イメージですよ、イメージ。

だいたいそういう男たちは性格も最高なので、女子に選ばれますし、それ以外の普通の男たちはその結果に対して「だよね」という感じで冷静に捉えています。ここに圧倒的恋愛ヒエラルキーの偏りが存在します。

そういう意味でほとんどの理系男子にとっては「恋愛」とは

自分とは関係のないもの

と捉えてしまうほどに、圧倒的競争率の恋愛世界に住んでいるというのが実情です。弁護士試験もびっくりなくらい『「恋愛」なんて架空の世界ですよね?』というようなある種の諦めの境地だと言っても良いでしょう。

理系男子が「真面目な恋愛をしたい女性」にお勧めな理由5つ

以上の様な生態系に属している理系男子ですが、その性格はかなり真面目です。それゆえ真面目な恋愛をしたい女性にとってはとても相性が良いと思いますし、むしろ「釣ってやってください」という切なる願いもあります。

こんないいひとなのに恋愛も出来ずに「なんで相手がいないの??」…という人がたくさんいるんですよ。

1.圧倒的経験の無さからくる「女性に優しい」性格

ほとんどの理系男子というのは、とても真面目です。中にはチャラチャラしたのもいますが、そういうのは極少数。

「女性は貴重!大事にしないと!」

生きてきてこの方、自分の周囲はほとんどこのようなお姫様扱いを受けてきた女性ばかり見てきていますから、女性と言う生き物に対して「大切にしなきゃ!」と常に考えているんです。だから真面目。

2.育てがいがある

理系男子には女性との付き合いの経験不足から、大人の恋愛というものが出来ないのも事実です。付き合った事が無いのですから、当然と言えば当然です。恋愛スキルは中高生レベルだと思ってください。

特に

  • 女性特有の「察する」
  • 話を聞いて共感する

などのスキルが不足しています。「女性の愚痴に対して解決策などをアドバイスしてしまう」などのやらかしをしますので、

「解決策はいらないんだよ、話を聞いて欲しいんだよ」

などの「教育」は確実に必要です。理系男子の恋愛スキルはほぼ0だと思ってください。その代わり、言えばすぐに飲み込みますので、その点は心配いりません。あなたの育成次第で自分好みのしっかりした男に育ちます。

3.手に職がある将来性

理系男子のほとんどは

手に職を持っている

が基本です。例えば工学や化学、機械屋さん、IT屋さんなど色々な専門技能を有しているのが理系男子の特徴です。これは技術だけではなく知識など、その専門分野では有能な人材だという事を意味しています。

そのため会社からすれば「替えの利かない存在」として欲しい人材ですし、特に「総合職」として重宝され、将来は幹部候補生としても道が約束されているのがほとんどです。有名どころの上場企業に勤めている人も多く、そういう人の多くは将来的に年収も1000万円は超えてきます。

そういうわけで余程の事が無い限りは彼らは職を失いませんし、また将来有望という事も考えると、それだけで優良物件だという事がお分かりいただけますでしょうか。そんな隠れ物件は山ほどいますが、女性から見えない世界で隠れています。

実に勿体ないですね。

4.努力の人

理系男子というのはそれなりの受験戦争を勝ち抜いている人材です。そういう意味で勉強は得意、、というか努力の人だと言えるでしょう。

どういう事に対しても、興味が湧けば一生懸命取り組みますし、とにかく真面目です。目的に向かってしっかりとした道筋を立てて取り組む論理のひとでもありますから、

  • 浮気
  • ギャンブル

等と言った「非論理的な趣味」に走る人は極めて少ないと言えます。

将来に向けてしっかりとした家族設計をしたい真面目な女性にとってはうってつけだと言えるでしょう。

5.控え目

一方で長く偏った恋愛ヒエラルキーの末席で虐げられてきた経緯もあり

  • オラオラ
  • ガツガツ

といったような行動はあまり得意ではありません。また集団にまざった行動なども得意ではありませんね。

そのため

  • 大人数でのパーティ
  • ナイトプール

などといった、いわゆるリア充的な行動はあまり得意では無いパターンが多いでしょう。どちらかと言うとインドアや少人数行動など、静か目な恋愛をしたい人には超お勧めです。と言っても引きこもりと言う訳でもなく、車の運転などは堅実で、ドライブデート等の外出などは全く問題ないですね。

いかがでしたでしょうか。

理系男子は恋愛界隈では埋もれた人材であり、出会わないのはとても勿体ないです。真面目な恋愛がしたい方、誠実な男たちと付き合いたい方は、是非この理系男子という人材を発掘して欲しいですね。