ライフスタイルと夫

【武勇伝がウザい】過去の自分の話ばかりする夫

「あの頃は俺も…」「やんちゃしたなぁ」いくら好きな人であっても、過去の武勇伝の話を聞くのはちょっとなぁと思っている人も多いのではないかと。ここではそんな夫のつまらない話に悩んでいる方向けの体験談を寄稿頂きました。

過去の自分の話ばかりする夫に悩む

現在45歳の専業主婦で、主人と小学校4年生の息子との3人暮らしのtonbitakaです。

夫の休日、皆さんは夫とどのような会話を交わしますか?お互いの将来や子供の教育のことなど、真剣な話をする時もありますが、普段は、テレビの話題、今はやっていること、自分の過去の話など、たわいもない雑談の方が多いのではないかと思います。

ところが、このたわいもない雑談というのが意外に難しいもので、自分が話していることに必ずしも相手は興味を示すとは限らないですし、逆に、相手の話を聞いてもどうにもつまらない時もあります。

つまらない話

私も、夫に対して無意識のうちにつまらない話をしている時があるだろうと考えればお互い様なのですが、夫と会話をしていて、本当に聞くのもうんざりする話題はありませんか?

聞いていて嫌な気持ちになる話題は人によって異なりますが、私の場合は、次のような夫自身の昔話です。

  1. 本人が言うには、小学生の頃は陸上部員より足が速かったらしい。(でも、今はすっかり体型が変わってしまい、見る影もない。)
  2. 大学の頃は、自動車部に入部していて、教習所に行かずに自動車の免許を取ったとか、トラックを運転したことがあるとかと話し、自分の運転が昔からいかに上手だったかをアピールする。
  3. 入社したての頃から仕事が忙し過ぎてほとんど家に帰る時間もなかったとか、若い頃は仕事で海外出張もしょっちゅうしていたとか、
  4. 結婚する以前から、そして今も、自分はずっと仕事が忙しい、職場から重宝されていると、とにかく仕事自慢ばかりする。

夫は、たとえ前に何度も聞いたことがあるような話であっても、自慢気に繰り返し話して来ます。おそらく、単に自分が話したいから話しているだけで深く考えてはいないのだと思いますが、それだけにたちが悪いです。

過去の自慢話以外でも、自分が住んでいた頃は全然違う風景だったとか、このあたりに昔あった店にはよく行っていたとか、今聞いても全く役に立たない昔の情報が本当に多く、聞いているとだんだんイライラして来ます。

それでも、明らかに話を聞いていない様子を見せると夫の機嫌を損ねてしまうので、結局は夫の話に関心があるふりをして聞かざるを得ないのですが、残念ながら、自分の昔話や自慢話をうまく夫に切り返せる話術は私にはありません。

 

夫の過去の話への対策は

このまま夫の昔話に付き合わされるだけでは何だか悔しいと思っているうちに、私は、夫の自慢話をそのまま受け止めないように自分自身の考え方を変えようと、意識を向けるようになりました。

過去の自分に酔ってる人って、はたから見ていると何だか滑稽に見えませんか?

それに、自分の過去が素晴らしいという思いにとらわれてしまうと、努力もしなくなるし、そこで成長も止まってしまうのではないでしょうか?

実際、夫は、最近帰宅が早くなり自分の自由になる時間が昔よりは増えたものの、職場でそれなりの地位があるという自負があって自分のスキルアップに意識を向けて来なかったため、結局空いた時間を有効活用できておらず、テレビを見ながらお酒を飲んでいることが多いです。

 

「成長」に焦点を当てる

ですので、最近は、夫が昔の自慢話をして来たら、表向きは興味があるふりをして相槌を打っています。

けれど、心の中では、冷たいとは思いつつも、

「昔を懐かしんでばかりいたらそこで成長が止まってしまうから、私は、夫がどうであれ、過去よりも未来を見据えて歩き続けていこう。」

と考えるようにしています。

そのように意識するようになってからは、夫の昔話を聞かされても以前ほどはイライラしなくなりました。

一緒に生活している以上、話して来るのを無視するわけにはいかないので、一通りは夫の昔話に耳を傾けつつ、私自身は常に未来を見据えて生きていくようにしていきたいです。

私自身が新しい変化を起こして、過去の自慢ばかりしている夫を驚かせる、そんな日が来ることをひそかに願っています。

 

ライター情報:tonbitakaさん

はじめまして、tonbitakaと申します。私は現在45歳の専業主婦で、主人と小学校4年生の息子との3人暮らしです。今年の1月で、結婚14年目を迎えました。息子が小さかった頃は子育てに追われる毎日でしたが、10歳目前となり、少しずつ自分の時間を持てるようになって来ました。

イラスト情報:photoAC

  • 458213「acworks」さん
  • 233047「サンサン」さん